学生生活ソリューション事業 学生旅行営業課 小熊 さや 2012年入社

就職活動で毎日コムネットを知ったきっかけは?
大学時代、部活動の合宿に携わる役割を任され、毎日コムネットを知りました。
入社試験を受けてみたいと思ったのは、当時、合宿を担当してくれていた社員から学生時代の就活話を聞いた時、「たくさんの会社の中から毎日コムネットを選んだのはなぜなのだろう?」と興味が湧いたからです。
なぜ毎日コムネットに入社を決めたのですか?
オリジナリティのあるサービスを持つ会社がいいなと漠然と思っていました。
会社説明を聞いてみて、今まで利用していた合宿サービスの側面だけではなく、学生市場に特化した様々なサービス展開にオリジナリティと面白みを感じました。さらに、私は中高大と部活動を頑張ってきたので、自分を大きく成長させてくれた課外活動のサポートはとても魅力的な仕事だと感じました。
毎日コムネットでの将来の夢は何ですか?
一言でいうと、新しいサービスの構築です。当社のサービス・商品は固定ではありません。特に客層の若いお客様はニーズがどんどん変わっていきます。
今は、WEBサービスを充実させて、スマートフォンで利用しやすいサービスを作りたいと考えています。
入社当初、苦労したことは?
最初は人材事業で、法人営業からスタートでした。自分よりずっと年上の企業の人事部採用担当の方から、採用活動の悩みを聞き出すことがとても難しかったです。上手く話そう、振る舞おうとせずに、就職活動を経験したばかりの自分の目線(自分の長所)に気付くことができてから、肩ひじ張らずに自分のスタイルで仕事に取組むことができるようになりました。
現在の仕事内容を教えてください。
1.高校・企業の合宿・研修手配
2.合宿WEBサービス管理・運営
3.大学提携営業
主に以上3つの仕事をしていますが、共通して言えるのはどれも営業という立場で携わっているということです。お客様の層は三者三様ですが、新人時代苦労したことが糧となっています。
仕事をしていて、特にやりがいを感じる時はいつですか?
私が提供するサービスが認めてもらえた時です。それは、サービスを買っていただいた時、サービスに対してお礼を言ってもらえた時、「また小熊さんに担当してもらいたい」と言っていただいた時にそう感じます。そして、そのやりがいはループするので、サービス提供に対するプライドとモチベーションにつながります。
大成功、もしくは大失敗したエピソードを教えてください。
ここは敢えて、大失敗エピソードにします(笑)。入社1年目、難しい案件を自分ひとりで考えこんでしまい、周りの先輩に助けを求めずお客様への提案を先延ばしにしてしまったことです。ぐずぐずと時間を掛けて提案準備をした後、ようやく電話したお客様からは「もう結構ですので」と言われてしまいました。ここで学んだ教訓は、「①スピード感のある対応ができなければ信頼を失くす」「②困ったら助けを求める」です。
オフィスの雰囲気を教えてください。
オフィスは笑いが絶えません! 仕事は迅速・正確・丁寧をモットーに取組んでいますが、それぞれの笑いのセンスが光る、面白い社員に溢れています。そのような関係だからこそ、誰かが困っていたらみんなで助けます!
プライベートの過ごし方

旅行、女子会、観劇、音楽鑑賞、運動…話題のものはなんでもやってみたい典型的ミーハーです(笑)。最近はお気に入りのプロジェクションマッピングクリエイターの作品を見に行ったり、クラシックコンサートに行ったりしています。

就活中の皆さんにメッセージ

とにかくたくさんの企業の説明を聞いた方が良いです。社風・仕事の内容を聞いてみて、そしてできれば社員と話して、その会社で自分が働いているイメージができるかが大事だと思います。会社側も、皆さんが自社で働いているイメージがなければ採用できませんからね。