不動産ソリューション事業 ファシリティマネジメント課 大寿美 拓冬 2004年入社

就職活動で毎日コムネットを知ったきっかけは?
建築・住居に関われる仕事に就きたいという転職活動の中で、物件開発からリーシング、プロパティ・ファシリティマネジメントまで一貫して携われるという点に目が留まりました。募集プランニングや管理システム開発など自分の幅を広げる機会が多いという点も魅力でした。
なぜ毎日コムネットに入社を決めたのですか?
多くのものを得られる仕事で、活躍の場があると直感しました。当社の成長性に魅力を感じ、さらなる自己成長を目指して転職を決意しました。特に仕事を行ううえでの顧客が、入居契約いただく個人顧客、学校関係を含め各種法人の担当者、物件オーナーと幅広く、多くのものを得られると考えていたのです。入社してからも直感した以上の魅力を感じています。
毎日コムネットでの将来の夢は何ですか?
「住まい」という軸をもとに生活全般のサービスを提供していきます。現在もインターネットプロバイダー事業や保証人代行事業の関連事業などがいくつもあります。サービスの提供先も入居者、学校法人、物件オーナーと多く、まだまだチャンスが溢れていると考えています。
入社当初、苦労したことは?
多くの物件オーナーを訪問し、物件価値の向上提案をする中で、建築設備や法律・税金に関しての知識が十分でなく宿題となることも多かったです。上司や専門書から吸収することで不動産に関する専門知識が日々、身に付いていることが実感できることが嬉しかったです。
現在の仕事内容を教えてください。
入社後、リーシング営業から営業課長、学校法人課長、業務課長を経て、現在はファシリティマネジメント担当部長として主に物件オーナーに対する提案(契約条件・物件修繕)と業務システムの開発を担っています。
不動産という軸をもとに営業・管理・企画と幅広く経験しながらキャリアアップし、充実した日々を送っています。
仕事をしていて、特にやりがいを感じる時はいつですか?
築年数が経った物件を中心に物件エントランスの改修提案、設備の更新提案を物件オーナーに行い実現させることで物件オーナー、入居者の両者に喜んでいただけることです。
実際に目に見える形、未来に残る形で建物を変化させていけることが大きなやりがいです。
大成功、もしくは大失敗したエピソードを教えてください。
設備のバリューアップ提案を行った際に、物件オーナーから「あと数ヶ月早ければ実現できたけど、数年間分の予算計画ができてしまったので見送り」と言われてしまった経験をしました。数年、数十年先を見越したプランニングの必要性を痛感しました。その物件オーナーとは、それから数年後、設備のバリューアップを無事実現させることができました!
オフィスの雰囲気を教えてください。
役職や所属部署に囚われずにオープンな雰囲気のオフィスです。それぞれがわからない点を質問し、改善点を指摘し合えることで自分だけでは気付かなかったことを発見できます。自身も営業課のメンバーから教わることやプロパティマネジメント課メンバーにフォローいただくことも多いです。
全員が協力し合い、目標へ向かう雰囲気です。
プライベートの過ごし方

元々建築物を見て回るのが好きだったので長期の休暇を利用して海外の有名建築を見に行ったり、週末はロードバイク(スポーツ自転車)で目当ての建物まで片道数時間かけて行ったりしています。
当社管理物件も多くの駅にあるので寄ってみることも…。
子供が生まれてからは電動自転車で近所へ行く休日(笑)ですが、日常の中に仕事に活かせるヒントが発見できるのも住居を扱う仕事の魅力と感じています。

就活中の皆さんにメッセージ

就職活動では、様々な観点で企業研究を行うと思います。自分が成長できるかどうかを考えるだけでなく、自分が会社を成長させるという観点も持つことで、結果として自己成長を果たせる就職ができると思います。そのチャンスが当社にはありますので、一緒に成長させていきましょう!